白く綺麗な肌のために太陽と戦う奮闘記

白く綺麗な肌のために太陽と戦う奮闘記

白く綺麗な肌のために太陽と戦う奮闘記

白く綺麗な肌のために太陽と戦う私の奮闘記です。

 

 

真夏だけでなく、紫外線は春先から量が増えているということをご存じですか?
極端な話、真冬以外はずっと日焼けの対策をした方がお肌の為には良さそうです。

 

 

日焼けなどによる紫外線の対策として、
日焼け止めや日傘、日よけの手袋や紫外線をカットするカーディガン、帽子など外からのお肌を守る沢山の紫外線防止のグッズがありますよね。

 

 

これらのグッズは日焼け防止に大変な効果があるのでオススメです。

 

外からの防止だけでなく、内面から防止する事もとても大切です。

 

この内面のケアの重要性については意外と知られていないのが現実です。
内面から紫外線を守る方法。
それはビタミンの摂取です。

 

ビタミン摂取することは、受けてしまったお肌のダメージを和らげてくれる効果が期待出来ます。

 

ビタミンと一言で言っても、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなど様々なビタミンが存在します。どのビタミンも受けてしまった紫外線のダメージをやわらげてくれる効果があるのですが、もっとも高い効果をあらわしてくれるのがビタミンCです。

 

ビタミンCを摂取すると、紫外線を浴びることによって肌がダメージを受けて、ソバカスやシミの原因ともなるメラニン生成を抑える効果があります。また、メラニンの生成を抑えるだけでなくお肌のハリを保つコラーゲンを促進させる力も持っています。

 

このビタミンCは、万が一、過剰に摂取したとしても一定量以上になると尿などで排出をしてくれるので取りすぎて体に悪影響を及ぼすといった心配はないのでご安心ください。

 

ビタミンCを多く含む食べ物の代表的な物は、イチゴやトマトです。

 

トマトなら、手のひらより少しちいさめなサイズのものを2つくらい。

 

イチゴなら、スーパーなどで売られている普通のサイズのものを5粒か6粒くらい食べるだけで十分です。

 

どちらも、加熱処理などしなくてもそのまま食べるだけで美味しくいただけるので、これなら手軽に摂取できますよね。

 

食べるポイントは食後30分です。
是非、目安にしてみてくださいね!

 

 

 

陶器のようにつるんとしていて、透き通るような白い肌・・・誰でも一度は透明感のある肌に憧れたことがありますよね。
ですが、よく聞くこの「透明感」という言葉。具体的にどのような肌の状態を指すかご存知ですか?
というわけで、今日はお肌の透明感をアップさせる秘訣をご紹介したいと思います。

 

よく綺麗な女性を見て「あの人は透明感がある」と言ったりしますよね。

 

実は人が「この人の肌、透明感があるな」と感じる要素は、肌が保有する水分量なんです。
肌にたっぷりと水分が含まれていると、キメが整い光を反射させるような効果が生まれます。まるで肌が透き通っているように見えるのは、このせいなんですね。

 

では、どのようにすれば透明感のある肌を手に入れることができるのでしょうか?

 

紫外線対策

 

肌の透明感をアップさせる一番の近道は、とにかく美白にあります。
特に紫外線対策が重要で、これは一年を通してしっかりと行わなければなりません。
「今日は天気が悪いから大丈夫」「冬は対策しなくてOK」・・・これではだめなんです。

 

紫外線は、強さの差こそあれ365日毎日降り注いでいます。
どんな時でも日焼け対策を怠ってはいけません。
化粧品を選ぶ際にも、日焼け止め成分が入っているものを積極的に選ぶようにしましょう。

 

保湿

 

お肌にたっぷりの潤いを与え、キメを整える役割を担うのがこの保湿。
保湿ももちろん1年を通して毎日こつこつ行うことが大切です。
乾燥はあらゆる肌トラブルの原因とも言われています。
肌が潤うと表面のターンオーバーを活発にしてくれるので、出来てしまったシミやそばかすを消してくれる効果も期待できます。

 

運動

 

肌と運動って、一見関係のないもののように見えますが実は深い結びつきがあります。運動をする事で、体内にある血液のポンプが刺激され、血流がスムーズになります。そうすると、老廃物が排出されやすくなり綺麗な肌を保つことができるのです。また、実は筋トレも効果的。成長ホルモンの分泌を促して、美肌に欠かせないコラーゲンを生成してくれるんです。

 

 

ホワイトヴェールのジェル